ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
HOME > 採用情報 > 先輩社員の声

先輩社員の声

第一開発技術部 熱システム技術課

岩井大

岩井大
【出身】 理学部 物質科学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事 おもに原子力発電所の機器を担当。
プラント設備などにおける設計支援のための受託実験業務です。おもに担当しているのは原子力発電関連の機器。仕事はプロジェクト単位で発生し、数カ月から年単位の時間をかけて実験や解析を行っています。
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことに
まつわるエピソード
密度の濃い1年間を乗り越え、成長を実感しました。
今までで最長の案件は、入社1年目から3年目まで参加した原子力発電機器に関するプロジェクトです。2年目までは先輩たちのサポートが中心でしたが、仕上げとなる3年目には試験の取りまとめ役に抜擢。それを最初に聞いたときは認められた嬉しさよりも不安の方が正直大きかったですね。それでも試験計画から試験装置の製作、試験の実施、結果のまとめまで一貫して担当。大きなバジェットの案件にかかわっているプレッシャーから逃げ出したくなったこともありましたが、無事プロジェクトを完遂しました。お客様から成果を認めていただき、表彰を受けるなど、大きな達成感を得ると同時に、この1年間に大きく成長できたことも強く実感したのです。
ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由 ここが好き
原子力や航空宇宙など、未知の分野にかかわれる仕事だからです。
当社との出会いはある合同企業説明会。最初は何の会社かさえ知らずにブースを訪問し、なぜかそこにいた担当者と意気投合。気が付けば筆記試験、面接と選考が進み、あわてて会社について情報収集を行った次第です。出会いから内定に至るまで実にスムーズで、「この会社とは肌が合うな」とずっと感じていましたが、もちろん入社を決めた理由はそれだけではありません。一番の決め手は発電所・航空宇宙関連・材料・工作機器といったさまざまなものの開発支援にかかわれるため、いろいろな世界に触れることが期待できた点。しかも学生時代から大好きだった実験を仕事にできるところに魅力を感じ、入社を決意しました。
これまでのキャリア研究開発業務(現職)

この仕事のポイント

■ 職種系統
応用研究・技術開発
■ 仕事の中身
日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
■ 仕事のスタイル
機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
■ 仕事で関わる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
■ 仕事で身に付くもの
客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
■ 特に向いている性格
モノを教えることが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

情報収集はとても重要。みなさんもさまざまな会社の情報を集めているでしょうが、書籍やインターネットからの情報だけで判断するのは避けるべきです。大切なのは実際に自分が働くことになる職場を見学して、すでにそこで仕事をしている先輩たちの話を聞くこと。これにまさる情報はありません。説明会の一環として職場見学を実施している場合は積極的に参加し、そうでない場合は採用担当者に見学をお願いしてみてください。

設備技術部 化学・機械装置技術課

古賀寛大

古賀寛大
【出身】 工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事 機械・化学プラントの設計から試運転まで。
機械装置および化学プラントの設計から試運転まで、設計エンジニアリングを担当。やる気と、仕事に面白味を感じるような前向きな気持ちが大切だと思います。得意分野を持とうという意欲も重要ですね。
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことに
まつわるエピソード
設計から試運転までを任され、無事にお引渡しが完了した喜び。
入社直後はセミナー形式の研修で基本的な知識を習得。その後、配属された部署で一人の先輩に付き、OJTによりスキルを身に付けます。その期間は約3年間。ベテラン社員から長期間指導を受けることで着実に成長できるのが当社の良いところですね。入社して3年目の夏、あるプロジェクトで設計から試運転までを任されることになりました。先輩に見守られての業務でしたが、半年後、無事にお客様へのお引渡しが完了したときの達成感は忘れられません。仕事への自信が深まるとともに、ますますやる気が湧いてきました。その後も任される範囲が広がり、やりがいを感じながら日々の業務に取り組んでいます。
ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由 ここが好き
保有する技術が魅力的で、社会貢献ができると思ったからです。
大学で学んだ専門知識を活かせる職場を目指して就職活動に取り組みました。そんななか、私の希望を理解し、さまざまなアドバイスをいただいていたゼミの教授から紹介されたのが当社だったのです。最も興味を惹かれたのは、当社が保有する技術の数々。先輩たちから多くのことを学び、技術力を磨いていけば、私も社会に貢献できると考えました。面接のため、初めて社屋を訪ねたとき、活気のある雰囲気を感じて、入社への思いはさらに強まったと思います。新入社員のスキルアップのためのサポート体制が充実していること、その後は裁量を与えられて経験を積める環境があることも、決め手のひとつになりましたね。
これまでのキャリア 商品開発室/装置技術課/機械設計課/機械要素技術課/化学・機械装置技術課(現職)

この仕事のポイント

■ 職種系統
機械・電機・電子機器設計
■ 仕事の中身
生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
■ 仕事のスタイル
目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
■ 仕事で関わる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
■ 仕事で身に付くもの
客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
■ 特に向いている性格
最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動を実りあるものにするためには、「好きなこと」「やりたいこと」をよく考えてから臨みましょう。私の場合、1年間学んだゼミの教授からアドバイスを受けたことが良い結果につながったと思います。家族を含めた社会人の先輩から話を聞くほか、仲間と情報交換することも参考になるはずです。職種や志望先を徐々に絞り込みながら、最後まで諦めないで頑張ってください。

設備技術部 化学・機械装置技術課

西川政裕

西川政裕
【出身】 第二類(電気系) 卒
【年収】非公開

これが私の仕事 機械装置・プラント設備の電気設計を担当。
主な仕事は機械装置・プラント設備の電気設計。さまざまなプロジェクトに参加して電気回路の設計や制御プログラムの設計・製作を担当しています。何事にも意欲を持って取り組むことが大切ですね。
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことに
まつわるエピソード
一貫して対応するプロジェクトで喜びと達成感を味わっています。
嬉しかったことは、入社2年目から毎年数回経験しています。というのも、私の所属する部署ではプロジェクトごとにチームを組み、初めから終わりまで一貫して担当するのが基本。製品のほとんどがオーダーメイドなので、プロジェクトが完了するたびに喜びを実感できるのです。なかでも思い出深いのは少人数で担当した、あるプロジェクトでのこと。このときは、私が企画から設計・プログラム製作、最終試験まで手掛けることになり、完成した製品を前に大きな達成感を味わったものです。その後、納品に立会い、お客様から高い評価をいただいたことが嬉しかったですね。つねにモチベーションを維持できる環境に感謝しています。
ズバリ!私がこの会社を
選んだ理由 ここが好き
フランクな雰囲気の面接やイキイキと働く社員の姿に惹かれて。
転職を考えるようになり、地元のハローワークで情報収集を行いました。経験を活かせる職種を第一希望にして、めぐり会ったのが当社だったのです。資料やHPなどで企業研究を進めたところ、私が興味を持てる仕事ができそうだと感じました。早速アプローチをすると、すぐに面接の知らせが届いたのです。面接はとてもフランクな雰囲気で、当時の部長をはじめ、担当者たちとざっくばらんに話をすることができました。案内された職場では、社員がイキイキと仕事をしており、良い印象を持ったことも入社の決め手に。入社後は、早くから裁量が与えられ、つねに達成感を味わいながら取り組んでいます。
これまでのキャリア 前職:電気設計(7年間)/転職:機械および電気設計(現職)

この仕事のポイント

■ 職種系統
機械・電機・電子機器設計
■ 仕事のスタイル
多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
■ 仕事で関わる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
■ 仕事で身に付くもの
新しいモノを生み出す力が身につく仕事
■ 特に向いている性格
最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

やりたい仕事を明確にしたうえで、就職活動に取り組んでください。そして、会社訪問や職場見学を行い、目指す会社の社風が自分にマッチしているかどうかを見極めるようにしましょう。私は、新卒の活動では余裕がなく、その点が足りなかったと反省しています。面接は、緊張すると思いますが、落ち着いて話すよう心掛ければ、社内の様子をみる余裕も生まれると思いますよ。

ページのトップへ戻る